全てに私が納まるわけではない

2015-01-06

「仕事以外の時間は全て自分との時間に使って欲しい」
と彼は言いました。
その言い回しは、愛情表現の1つだろうと考えていましたし、そういう風に思われるのは
幸せなことだとも感じていましたので、私は笑顔でそれに応えていました。
彼は実際に、仕事の時間以外のものを全て私に捧げてくれました。
一緒に居る時間はどれも素敵なもので、他愛ない話をしているときも
お互いに静かにしていて時々「好き」だとかを口にし合うような瞬間も大好きでした。
しかし、それが長く続くと「1人の時間」というものも欲するようになるんですよね(苦笑)
人の我が侭なところなのかもしれません。
それを自然に認め合うことが出来るのがベストだったのでしょうが
彼と私の間にそれは出来ませんでした。
私が1人の時間を少しでも持とうとすると、彼はたちまち不機嫌になってしまいますし
そんなことが原因でケンカなどをしたく無い私は
「自分の時間を削っている」
という感覚を持ちながら彼と寄り添い続けました。
そんな心の淀みのようなものが、次第に露呈されるようになってしまったのです。
彼の思う恋愛の形、全てに私が納まるわけではない。
そう考えた時、不満を口に出すようになりました。
結果、私の考えを受け入れてくれることはなくケンカを繰り返すようになってしまい、お別れすることとなりました。

Copyright(c) 2015 初心者にもオススメの出会アプリ紹介-corsarius- All Rights Reserved.