灯台下暗しですね

2015-01-06

何が悪い?私の何が悪いの?
・・・と、当時の私はそんなことばかりを考えていました。
恋愛をしたいと望んでいるのに、好きだと思える人も中々現れませんでした。
そしてようやく「この人だ!」と思える出逢いがあっても
相手に好きな人がいたり、彼女がいたり・・・本当に自分はついていないなあと思うのです。
きっと、運から見放されているのだと感じていた私は
どこかで小さく諦めていたような気もします。
そんな私にある男友達が言います。
「運のせいにしてたら、何時までも彼氏なんて出来ないね」と。
ストレートな言い回しに正直、傷つきもしましたが(汗)心に刺さるということは
それだけ的を得ているという事なんですよね。
自分自身で切り開いていくこと。
「やっぱりだめだ」ではなくて「よし次こそは」という意欲的なものを私は抱かなくてはと思うようになりました。
そうして少しずつ能動的になった私が好きになった人は
何を隠そう、そのアドバイスをくれた彼でした(笑)
灯台下暗しですね。
彼に気持ちを寄せていると気が付いた瞬間、少し戸惑うような気持ちにもなりましたが
私はありのままの自分の気持ちを伝えることにしました。
それは運任せではなく、自分の力でそこまでたどり着いた気がしていました。
結果は上手く行きませんでしたが、大切なものを教えてくれる経験となりました。

Copyright(c) 2015 初心者にもオススメの出会アプリ紹介-corsarius- All Rights Reserved.