婚活

出会い系の架空請求に備える

婚活サイトを使っていく上で、常にリスクとして頭に置いておくべきことが2つあります。1つはいわゆる「サクラ」に関するトラブルに巻き込まれる可能性です。そしてもう1つが「架空請求」です。架空請求は「まったく身に覚えがないのにも関わらず、勝手に何かしらの請求を受ける」というものです。自分では身に覚えがないのにも関わらず、何処か脅迫めいた文面で料金の請求が来るのですから、知らない人からすれば少なくない恐怖を感じることになります。

しかしこの手の話に屈する必要は全くありません。身に覚えがないのなら、無視してしまえば良いのです。基本的に架空請求は、アドレス屋と呼ばれる連中が持っているメールアドレスなどの情報を悪徳業者が買い取り、それを使って絨毯爆撃のようにメールを送りまくっているだけです。

ですからアドレス屋が持っている情報が単にメールアドレスそのものだけであれば、架空請求の内容に自分の名前が含まれていることはありません。この辺りが見分けるための第一歩になります。

なお架空請求の手口の巧妙なところは、けっして払えない金額では無い請求をしてくるところです。例えばいきなり100万円の請求を送られてきたら、受けてはパニックになり警察などに相談しがちです。しかし1万円の請求であれば、多少なりとも自分にやましいことがあれば払ってしまいがちなのです。

婚活サイトを使っていると、いつの間にか登録したメールアドレスが業者に渡り、このような架空請求を受けることがありますが、身に覚えがないことであれば無視してください。それが架空請求から身を守る方法なのです。

Copyright(c) 2015 初心者にもオススメの出会アプリ紹介-corsarius- All Rights Reserved.